グループ企業としての会社設立の利点

会社設立というと、それまで会社員として働いていた人が独立して会社を設立するというのがまず思い浮かぶが、既存の会社が運営をしていく中で、方針の一つとしてグループ企業を設立する会社設立も存在する。法人格を得るまでの登記の流れなどは双方に違いはない。グループ企業を作る時の理由としてはいくつかあると思うが、作る利点としてわかりやすいもののひとつに、新しい分野への営業展開があると思われる。既存の業種とは違った業種へ営業を展開していく場合、業種によって仕入や支出のお金の流れも大きく違うことが予想される。社内での経理的にも、既存のものと分けて仕訳したほうが、合理的だし明確化もしやすい。あとは、事業拡大による分社化もある。会社の運営が順調で、売上が大きくなった場合には、一部の部門や地域を切り離して独立させることで、会社全体の運営の円滑化を図ることができる。そして、独立とグループ化とでは、会社を作ってからのお金の流れに大きな違いが現れる可能性がある。独立して会社を設立する場合は、初期投資や当面の回転資金などは、自己資金で賄うか公的融資、金融企業からの融資にほぼ限られると思うが、グループ企業の設立の場合には、親会社からの融資という選択肢がある。このように企業のグループ化というのは、会社の運営方針として優れた一面をもっている。

グループ企業としての会社設立に関して

会社設立には、様々な目的を持ってつくられるケースが基本的となっています。代表的なのは初めて企業を行う場合や、既存企業による新規事業の立ち上げの際、あるいは専門ジャンルに特化した会社として集約させるために立ち上げる場合などが該当します。この中で既存企業によって新しくつくられた場合や、企業内の特定部門をその専門性を高めるためにのれん分けする場合などは、一般的に親会社となる会社のグループ企業という位置付けで見られる場合があるとされています。こうしたグループ企業は、何らかの目的として1つの会社として存続するよりも、新たな会社設立によるメリットを求めて分社化し、1つの会社があたかも複数の会社によるグループ化をしているような業態で存続するケースが多いと言われています。主なメリットの実例としては、業務における余分な作業を省き、関係者を絞り込みやすくすることでの専門性の特化や、親会社にあたる会社の経営状況による資源配分の変動軽減・防止、事業再編や買収目的での活用、などが挙げられます。会社設立においてこうしたグループ企業としての位置付けを活用する場合は、その相互情報の共有システム確立や責任の所在の明確化、税金対象および仕組みの把握などが必要と言われています。