花菜

ここ、相当行ってます。


初めて行ったのが6年くらい前かな?ネパールタリーっていうセットばっかり頼んでるんですが、ネパールのカレーと、何でできてるのかわからないけどすごいおいしいジャガイモの漬け物みたいなものと、にんじんとドライフルーツをミルクで甘く煮たデザート、あとごはんと目玉焼き、揚げパンみたいなもの、あとサラダもついて1200円!カレーは、ネパールのってみんなそうなのかわからないですけど、スープっぽい感じです。


これで目玉焼きごはんと、揚げパンと交互に食べるのがたまらないんですよね~。


あとさっきも書きましたが、ナゾのじゃがいもの漬け物みたいなもの!これ、どうやって作るのかまったくわからなくて謎ウマイので、半分はこれを食べるためにこのお店に来てるようなものですねー(笑)カレーっぽいんですけど辛くはなくて、色は真っ黄色。


たぶんクミンとか入ってるのかな?きっとネパールではメジャーなおかずなんでしょうね~。


これもまた揚げパンにはさむとおいしいです!同じくにんじんとドライフルーツのデザートも、日本には売ってないナゾのおいしさで、ねっとり舌にからみつくかんじの甘さが◎です!カレーはそんなに辛くないし、とにかくボリュームもスゴイので男の人か大食いの女の人にちょうどいいくらいかな。


一心

姉の家をおいとまして大阪二日目です。


今日はとりあえず大阪城とか見て、となんだか修学旅行生みたいな日程。


阪急で買い物して、あとは何をすればいいんだろう。


いざ1人になると困っちゃいますよね。


困ったからというわけじゃないんですよ、んじゃ何で? 本能か、血なのか。


もうしょうがない、まだ日の暮れるうちから飲んでしまいました。


とは言え昼からじゃないです。


ちゃんと夕方。


日がなかなか暮れなかっただけです。


今日はせっかくなので串揚げ。


一心という格好いい名前のお店でした。


揚げ物を一気食いしていたらさっぱりしたのがやっぱり食べたくて、自然と注文してしまった刺身の数々。


こちら海鮮メニューも力を入れているそうですよ。


普通に魚料理のお店のクオリティ。


大満足でした。


そしてまた串揚げに戻るつうね。


あとホタテとアスパラのソテーをいただきました。


オススメみたいなので注文したらこれがまた美味。


と、唸ったのはまだ夜の7時過ぎでした。


さすがに30代後半のおばさん一人で夕方5時からビールをかっくらう光景に店員はびびったことでしょうが、関係ない。


なんてたって、休暇なのですから。


今日は大阪難波駅近くの普通のホテルに宿泊中。


んでこっちきてもやはり飲んでいます。


そりゃそうなるわ。


すしざんまい本店

朝方まで千葉で仕事。


主に建物の撮影だったが、今日は長かった。


だって実質拘束時間は15時間だよ。


疲れたよ。


これから都心に帰るのかとげんなりしていた早朝5時半に俺は気付く。


いいことに気付く。


そして首都高を箱崎で下りた。


 日曜早朝の新大橋通りはばかみたいに空いており。


助かった。


この道平日の夕方などがっかりするほど混むこともあるのだけどやはり勤め人のいない日曜はいい。


が、いるところにはいるのだよ日曜日でも勤めている偉い人が。


 それが築地だ。


築地のすしざんまい本店は24時間営業。


首都高で東京方面にアクセル踏みながらなぜか思い描いたのがマグロの寿司を頬張る自分の姿だった。


以前、行ったときにセリで落としたばかりという大間産のマグロを食わせてくれた本店に自然足が向いた。


 こんな時間だから人も少ない、と思いきやさすが築地。


観光客でにぎわっている。


が、幸い並ばず食べられた。


おすすめの盛り合わせを注文。


早朝からこれは少々豪華過ぎると思ったが自分へのご褒美だ。


たんまり食えた。


ビールが飲めないのが残念ながらまあしょうがない。


食ったあとは銀座に抜け再び首都高に。


幸い空いていて快適なドライブだった。


今日も仕事でこれから移動しないといけないが、まあ取り合えず、三時間寝せてくれ。


黄金屋新宿店

クリスマスなぞクソ食らえと、男だけ三人で集まった我々。


クリスマスを羨むのも、もうちょっと辛い年齢にさしかかってはいるがどうだろう、まだ大丈夫か。


と言う訳で今日は男のもつ鍋じゃあ。


黄金屋というもつ鍋が美味しいと噂の店に集合。


師走だからかクリスマス間近だからか混んでいた。


なんとか予約していたので無事に着席。


なんと言っても特製もつ鍋は注文せねばなるまいな。


つうことでビールと同時に注文。


あとでネットで見てわかったのだけど、こちらは羅臼産こんぶ×鹿児島県産のいりこがベースとのこと日本列島をまたにかけた見事過ぎるブレンドに男三人涙。


多少お値段ははる印象ながらさすが専門店というクオリティでクセのないモツが口の中ではじけると同時、最高の出汁が優しく広がった。


しかも嬉しい嬉しい誤算は馬刺!まさかまさか、暮れの新宿で出会えるとはね。


嬉しい限り。


最後は各々デザートを注文。


俺はぷるぷる杏仁豆腐を食す。


みんなでデザートとは女子か。


いやあ美味しかったなあ。


けっこう金を使ってしまったが話によるとコースメニューもあるとのこと。


何と5000円未満で飲み放題付きもいけるというから驚きだ。


腹がメチャクチャ減った時にはまた来たいものです。


とりあえずクリスマスにもつ鍋は良かった。


山東

最近突然なぜか餃子にはまって、おいしい餃子の店はどこだ!!と血眼になって探していて辿り着いたお店。


中華街でとっても有名なとこらしいです。


グルメ大好きの知人が仕事の接待でたまたま行って美味しすぎたということで、絶対行ったほうがいいよ!とすすめてくれました。


餃子は普段は焼きしか食べないんですが、ここは水餃子がおすすめだということで、たまにはそれもいいかなと思って水餃子を食べるため、東京の端っこから2時間近くかけて行って来ましたよ~。


お店は一見狭いんですが、それがかえって本物感を感じさせます。


2階3階もあって、意外と中に入ると広い。


でも今回は店構えはどうでもよくて、私はとにかくおいしい餃子が食べたくてたまらないのです!噂の水餃子、事前にネットとかでリサーチしてたときに思ってたよりも大粒で、けっこう食べごたえがありそう。


コロンと丸みをおびた形です。


さてさてゆでたてを食べてみます。


ここはクラッシュしたココナッツをたっぷり使ったオリジナルのタレが有名らしいんですが、餃子にココナッツ??という思いがぬぐえず、まずはそのまま食べてみたのですが…ジューシー!!!肉汁あふれる餃子、下手な小龍包よりもたっぷりの肉汁があふれて、皮はもっちもちで、あっという間に2個目に突入!!こんどは噂のタレをつけてみます。


そしたらさらにおいしさがアップしましたよ!!たしかにココナッツ。


ココナッツがこんなに餃子に合うとは…これは絶対このタレで食べるのがいいと思います。


このタレ持ち帰りで売ってくれないかな~。


とにかく、往復4時間かけて行ったかいがあった絶品の餃子でした!

深川塾八幡店

深川八幡に行ってきました。


門前仲町という名前の由来にもなっている昔からの八幡神社です。


東京都内でもかなり有名ですよね。


久々の夫とのデートが八幡様とはなかなかに渋いでしょう。


最近神社仏閣めぐりがけっこう多いんですよ。


何故ってお金かからないから(笑)電車でサクッと行ける圏内にもたくさん有名神社や有名な仏像があったりするからこれが趣味になればかなり安上がりで週末を愉しめますよ。


が、今日はお金使ってやりました。


というのはせっかく深川来たのだからアレを食おうと夫が言いまして。


アレ、というのは深川めしです。


有名ですよね。


海も近いし隅田川も近いので大昔からこのあたりではアサリが有名だったみたいですよ。


で、境内の中にある深川宿に入りました。


名前が格好いいけど見た目もいかにもな雰囲気。


料亭みたいです。


そこで私たちは深川めしをいただきました。


本当美味しかった。


2000円弱と結構お値段は張ってしまいましたが大満足。


ぷりっとしたアサリと独特の旨味のある味噌が本当に良く合うんです。


こんな風に神社横に佇むお店に入るのもそれっぽくって良いでしょう。


たいてい大きい神社の近くは観光地価格だからちょっと驚いてしまうけれど。


やはり名物は食べておくべきですね。


ドトールコーヒーショップ福島東口店

来年受験生なんで、とそう言えるのもあと数ヶ月になってしまった。


何気にもう冬だ。


段々と焦りのようなものがあるがまだ気は楽なのかしら。


友達とも最近大学の話題が出るようになった。


私だけというわけじゃないけどまだ進路が決まらず困っている。


とは言えちょっとずつ勉強はする。


今日も駅のドトールでコーヒーを飲みながら勉強した。


一緒だった友達は30分くらいで飽きてそのあとは横でスマホをいじくりだした。


私は1時間半くらい集中して勉強できた。


ここはテーブルも広くて有り難い。


とても一生懸命になれる気がする。


勉強が一段落してから自分へのご褒美にレッドスパイシードックを食べた。


これ本当美味しいの。


初めて食べたのは実は先週なんだけど今日でもう三回目wwどんだけ好きなの?友人に進めるも彼女はいつもアボガド入っているやつを食べる。


確かにそれも美味しいよね。


一番人気ってくらいのメニューだもの。


でもこのトマトのソース食べたらきっとやみつきになるよ。


コーヒーとも不思議と相性がいいの。


と、気付けば四時過ぎに入ったのに外は真っ暗。


もうすぐ7時になるという時間になってやっと私たちは席を立った。


混んでいたけど、怒られなかったからまあいいでしょう。


またゆっくりお世話になります。


わたみん家 水道橋駅西口東京ドーム口店

みなさん、東京ドームコンサート後ってどこで飲んでいますか? めちゃくちゃ駅前が混むからいつもコンサート後や野球観戦後はどこかの居酒屋の暖簾をくぐるのですが遅い時間だとお店閉まっていたり、ラストオーダーの時間が目前なんて残念なこともしばしば。


泣く泣く新宿界隈まで戻り気付けばゆっくりできぬまま終電近くの列車にゆられる、と何とも味気ない幕切れも実は少なくないかも。


そこでこれは穴場ですよ、穴場。


水道橋から歩いて5分くらいのわたみん家。


こちらは翌朝2時までやっているんだって。


もちろんイベント日は混みまくりますがなんなら予約してでも入った方がいい。


だって、10時くらいからお店探しに四苦八苦して飲む時間を削るってもったいないじゃん。


私はコンサート関係で年2回、野球を見に年3回は夜の東京ドームに行くのでこのお店重宝しまくってます。


しかもイベントの日ってお酒飲んだり、お土産買ったりで財布も軽くなりがちですよね。


そんな時こそチェーン店の居酒屋でサクッとやるのが賢いんじゃないですかね。


今日も予約して行ったからほんとに良かったです。


大正解。


遅い時間にも関わらず気持ちよく飲めて、コンサート反省会もえらく盛り上がりました。


ケンタッキーフライドチキン神宮球場店

神宮球場行きとなったのは当然、広島の今季最後の東京での試合だったからだ。


とは言え、たまたま空いていたS君と2人で。


彼は別に広島ファンではないが着いてきてくれた。


試合はすごく調子が悪かった。


というのは投手戦。


投手戦であることに何も問題はないのだが、ヤクルト、広島この2チームの投手戦の場合は残念なケースが多い。


そう単に打てないというだけでピッチャーが素晴らしいとかそういうわけではないのだ。


何だかやりきれなくなり自然ビールが進む。


交代でトイレへ行きその度に僕らは何か買ってきた。


5回が終わった頃だった。


Sがなんとケンタッキーを持ってきた。


え、そんな売っているの?めちゃめちゃにテンションが上がった僕は当然ケンタッキーへ。


広島はクリーンナップの攻撃だったが見ている場合ではない。


ケンタッキーが僕は三度の飯より好きなのだ。


ならば三度の飯に食えよ、と思うがさすがに無理だ。


カーネルサンダースを抱え、席に戻る。


打線は湿り変わらない状況だったが、カーネルおじさんがもうすっかり暗くなった球場に映えた。


気のせいか普通の店のものよりやや油っこく感じたが、それもそれでOK。


ビール飲まないと損だとがぶ飲みしてやる。


球場のケンタッキーもなかなかオツなものでした。


と試合はもうそっちのけ。


天下一品高田馬場店

考えてみればNと2人で飯を食うというのは初めてだ。


彼とは仲はいいもののそう言えばいつも他の誰かと一緒に会っている。


何だか会社が忙しそうなこの時期に2人きりで酒でも、となったのはなんでだろうか。


聞けば彼は来年結婚するという。


それが理由だったのだろうか?確か、それも違う友人の結婚式の場で耳にした。


軽く飲んで、ラーメンを食おうという話になった。


どちらともなく天下一品で食おうと言う話になった。


彼は昔から天一のラーメンが好きなのだ。


なので我々にも馴染み深い天下一品高田馬場店へと足を向けた。


ここで僕はいつもブレンドを頼んでいた。


彼はいつもこってりに挑戦。


途中で文句を言うが、ちゃんといつも完食する。


あのこってりは食すではなく「挑戦する」というのが正しいだろう。


今日も今日とて彼は最初こそうまそうに食ったが後半はもだえていた。


が、食後感の達成感と満足感たらなかった。


ブレンドを頼んでしまったことを一瞬後悔する程にこの男の食う「中華そばこってり」は美味しそうなのだ。


昔はこれに調子のって唐揚げセットを食っていたよ、と彼。


互いに年はとってしまったと笑ったがこってりをこのタイムで食えるならばまだまだ大丈夫だ。


何故か、彼の結婚式後に引き出物片手に1人天下一品に寄る自分の姿を想像し、笑った。


Just another WordPress site

船橋 居酒屋